バルクロビルの通販があれば、辛いヘルペスの再発を予防!

\90秒で注文完了/バルクロビルの購入はこちら

ヘルペスに悩む男性のイメージヘルペスというと性感染症のイメージが強く、「ヘルペスになっている=遊び人」と考える方は少なくありません。

ですが、実際ヘルペスは性行為をしなくても感染するものですし、50歳未満の世界人口のうち、約6~7割は単純ヘルペスウイルスを持っていると言われています。

つまり、ヘルペスは誰でも発症しやすい感染症であるということ。しかも、ヘルペスは再発率が高く、1度でも発症したことのある方は再発させないように気をつけなければなりません…。

 

ヘルペスはいつも放置している、なんて方もいるかもしれませんが、放置していると跡が残ってしまう恐れもあるのできちんと治療を行なう必要があります。

病院へいけばよく効く治療薬を処方してもらえますが、現在は通販でもよく効く治療薬を購入できるので、病院へ行くのが面倒!という方は通販でヘルペス治療薬を手に入れちゃいましょう

 

そもそもなんでヘルペスができるの?

考える女性のイメージヘルペスというのは小さな水ぶくれが一箇所にたくさんできる症状です。

原因はヘルペスウイルスで、細菌よりも小さく、感染すると細胞内でウイルスが増殖していきます。ヘルペスウイルスには単純ヘルペスウイルスや帯状疱疹ウイルスが代表的で、いずれも皮膚や粘膜上で発症し、痛みを伴います。

 

ヘルペスは性行為によって感染するイメージがありますが、感染経路は性行為だけではありません。性行為をしなくてもウイルスは唾液に含まれているので、キス、回し飲み、くしゃみやせきの飛沫によって感染します。

感染後はすぐに症状が現れるわけではなく、接触から3~7日後に症状が現れます

 

また、現時点では体内のヘルペスウイルスを完全に死滅させられる医薬品は存在しません。

そのため、薬で症状が治まったとしてもヘルペスウイルスはずっと体内にウイルスが残っている状態になります。

そして、ヘルペスはストレス・寝不足・疲労・風邪・紫外線など免疫力が低下しているときに再発しやすくなります

特に単純ヘルペスウイルスによる口唇ヘルペスや性器ヘルペスは、何度も再発を繰り返す傾向がありますので再発しないよう対策する必要があるでしょう。

 

ヘルペス治療や再発予防にはバルトレックス!

薬のイメージヘルペスになると痛みを伴う水ぶくれができ、これからも再発するリスクがある厄介な感染症です。

しかし、症状を抑える治療薬はありますので安心して下さい。

 

病院でヘルペス治療に処方されることの多い薬は「バルトレックス」です。

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑え、症状を緩和させます。また、バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルは従来の高ウイルス薬に比べて強力な効果を発揮しますので、少ない服用回数でヘルペス治療が可能となります。

特に症状が出始めた頃に服用することで、症状が悪化することなく治療期間を短縮できます。

 

通販で人気のバルクロビルはバルトレックスよりおすすめ

バルトレックスはヘルペスに有効な抗ウイルス薬ですが、毎回症状が出始めた頃に病院へ行かなければなりません…。いつでも病院へ行ける環境であれば不憫に感じませんが、仕事・育児・体調などの事情ですぐに病院へ行けない場合が多いです。

しかし、ヘルペスは放置すると症状が悪化しやすく治りも遅くなってしまうので、早く薬を手に入れなければなりません。

そこでおすすめするのが通販で購入できるバルクロビルです。

 

バルクロビルはバルトレックスのジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品というのは、新薬(バルトレックス)の製造特許期間が過ぎてから製造された医薬品のことです。新薬に比べて開発費用が大幅に抑えられていることから販売価格も3~7割ほどお安くなっています

バルトレックスとバルクロビルはどちらも同じ有効成分バラシクロビルが配合されています。つまり、どちらも同じ効果が得られる薬ということです。

 

バルクロビルは通販で簡単に買えます

通販で洋服や食品を買ったことはあるものの、薬は買ったことがないから不安…。

そんな方もいるかと思いますが、安心して下さい。

医薬品の通販は個人輸入代行と呼ばれるサービスのことを指しますが、利用方法は至って簡単

普通の通販で洋服や食品を購入するやり方とほぼ同じです。

買いたい商品を選ぶ

カートへ入れる

個人情報を入力する

商品を受け取る

以上です。

海外医薬品を輸入すると言っても、代行業者が現地の販売元へ注文してくれるので、特別な知識は必要ありません。

購入サイトもすべて日本語表記で、利用方法も一般的な通販サイトと同じなので迷うことなく注文できるでしょう。

一般的な通販と違う点と言えば、届くまでには10~受取までに14日ほどかかる、第三者の使用は違法(譲渡・転売は絶対NG)ということ

また、注文数も上限がありますが、何箱もまとめ買いする方は居ないと思いますので、そこまで気にする必要はないかと思います。

 

病院と通販で費用はどのくらい違う?

ヘルペス治療は薬の服用が基本です。というよりも薬さえあればつらい症状から開放されます。

ヘルペス治療薬を手に入れる方法は2つ。

病院でバルトレックスを処方してもらうか通販でバルクロビルを購入するか…。両者同じ有効成分が使われているので、どちらを選んでも得られる効果は同じです。

ただ、病院と通販でかかってくる費用は違いますので、ここでは具体的に金額を比較していきたいと思います。

 

病院の費用

病院での処方イメージ 病院で必要となる費用は保険診療と自由診療で大きく異なります。

ヘルペス治療は保険が適用されますので3割負担での治療が可能ですが、診療記録が残ります。

もしも、家族にヘルペスになったことを知られたくないということであれば、10割負担の自由診療を選択することとなります

 

保険診療の場合、初診・再診、バルトレックスの処方料によって治療費は変わってきますが、大体3,000~4,000円ほどの金額がかかります。

自由診療の場合、全額自己負担となるので10,000円以上の金額が必要となります。

また、単純ヘルペスの場合、バルトレックスの処方量は5日分までです。さらに、保険診療を選択した場合でも、無症状で診察を受けた場合には保険が適用されません。

 

通販の費用

通販を使った場合のイメージ通販でバルクロビルを購入する場合、病院のように検査や診察は行いませんので、薬代以外の費用を抑えられます

また、保険診療・自由診療は関係なく、どなたでもバルクロビルの金額は同じです。

ただし、通販の場合は病院と違って箱単位での購入が基本です。1錠~購入できませんので、どんな薬を購入するとしてもとても安いわけではありません。

バルクロビルの場合は、1箱20錠入りで3,000円ほど。

1錠あたり150円で購入できることとなります。1日2回(500mg×2錠)を5日間服用した場合は1,500円の費用になりますので、病院よりもお得にヘルペス治療ができる事がわかります。

 

通販バルクロビルの飲み方(症状別)

薬を飲む男性のイメージバルクロビルはバルトレックスと同じ有効成分を使用したヘルペス治療薬です。

そのため、病院でバルトレックスを処方してもらったことのある方であれば飲み方で迷うことはないでしょう。

ただし、病院へ行かず通販でバルクロビルを購入する場合、用法用量の説明は受けられませんので自分で調べなければなりません。

 

バルクロビルの飲み方は症状によって変わります。

口唇ヘルペス

1日2回、1回につき1錠(500mg)を水やぬるま湯と一緒に服用

性器ヘルペス

1日2回、1回につき1錠(500mg)を水やぬるま湯と一緒に服用

帯状疱疹

1日3回、1回につき1錠(500mg)を水やぬるま湯と一緒に服用

再発防止

1日1回、1回につき1錠(500mg)を水やぬるま湯と一緒に服用

 

服用期間は原則5日間です。ただし、性器ヘルペスの場合には最長10日間まで連続服用が可能となっています。

 

いずれも服用タイミングは食前・食後どちらでも構いません。

ただし、空腹時に服用すると胃が荒れる可能性があるので、胃腸が弱い方や症状が心配な方は食後に服用するようにしましょう。

 

また、バルクロビルは持病やアレルギーがある方、妊娠中や妊娠の可能性がある方は事前に医師に確認して下さい。

腎臓が悪い方や高齢者は薬の排泄が遅れやすく、意識障害や精神に変調が現れる恐れがあるので、慎重に服用して下さい。

バルクロビルは副作用が少なく、症状が起こるとしても下痢、吐き気、頭痛、眠気など軽度の症状です。

ですが、痛風薬、胃薬、免疫抑制剤、喘息薬との併用は副作用を強くする恐れがあるので注意が必要です。

 

ヘルペスは早めの対処が必要!こんなサインがでたらバルクロビルを

ヘルペス治療は早期発見早期治療が重要です。

もしかして…?というサインを逃さず早めにバルクロビルを服用すれば、水ぶくれが悪化せずに済みます。ここでは早く対処できるようにヘルペスの初期に現れやすいサインを紹介します。

 

風邪っぽい症状

初めてヘルペスウイルスに感染した場合、強い症状が現れやすいです。

風邪の初期に現れるような体の痛みやだるさ、股間のリンパ管の腫れなどが生じやすいです。

ただ、ここまで強く感じる症状は初めだけで、徐々に症状が軽くなっていきます。

 

強いかゆみ

見た目には変化がないものの、水ぶくれができる付近に強いかゆみが生じることがあります。

これはウイルスが皮膚に触れたときに現れる反応で、次第に水ぶくれができてきます。

 

ピリピリ・チクチクするというような違和感

水ぶくれができてからも痛みは感じますが、水ぶくれができる前にも口や性器の周辺に違和感が現れやすいです。

 

こうした症状が現れ始めた場合には、バルクロビルの服用を開始しましょう。

ただし、バルクロビルを服用してすぐに症状が治まるわけではありませんので、感染を拡大させないために治療が終わるまでは以下のことに注意しましょう。

・タオル、コップ、食器など使い回さない

・性行為をするときは必ずコンドームをつける

・臀部周辺に症状が出ている場合、トイレ使用後は必ず消毒する

・患部にはなるべく触れず、触れた場合には必ず洗う

また、一度感染したヘルペスウイルスは完全に死滅させることはできないと言われていますが、継続的にバルクロビルを服用することで再発率が4割下がったという結果が出ています

そのため、再発を予防するためにも日頃からバルクロビルを服用するのがおすすめです。

 

バルクロビル通販の口コミ

ヘルペスに悩む方にとってバルクロビルは欠かせない存在と言っても過言ではありませんが、本当にヘルペスに有効なのか?通販で買う薬の効き目は本物なのか?

ここでは、通販でバルクロビルを買った方の口コミを集めました。

 

・3年前から口唇ヘルペスが定期的にできるようになり、その度に病院に行ってましたが、毎回病院へ行けるとは限らないので通販でバルクロビルを購入しました。

予備用として買ってみましたが、意外と病院でもらう薬よりも効く気がするので、最近は全然病院に行ってません。

 

・病院には行きたくないけど保険なしで高いお金を払うのもイヤ…ということで通販で買ってみました。日本製じゃないのがちょっと不安だったのですが、飲んで2日目にはかなり症状が落ち着きました。値段も安かったですしこれからもこっそりお世話になります。

 

・バルクロビル歴1年近くになりますが、もう手放せない相棒みたいなもんです(笑)しばらく再発防止で飲み続けてましたが、最近は飲まなくてもできなくなりました。このまま症状が出ないことを祈ります・・・( ´Д`)

 

・通院が厳しくなったため薬を変えましたが問題なく続けられています。以前は3ヶ月に1回ほどのペースで水ぶくれができては病院という繰り返しで大変でしたが、今は薬をストックしているのでとても楽です。間違いなく通院のストレスからは開放されました。

 

ヘルペスの再発予防には通販でバルクロビルを備えておこう

バルクロビルのパッケージヘルペスは一度発症すると何度も再発を繰り返しやすい病気です。そのため、ヘルペスになったことがある方は今後何度も通院することになってしまいます…

保険診療の場合にはそこまで費用の負担額は大きくありませんが、それが積み重なると経済的に苦しくなるでしょう。

ただ、通販を利用すれば、バルトレックスのジェネリック医薬品の取扱もあります。

ジェネリック医薬品のバルクロビルであれば、バルトレックスと同等の効果でありながら安価に購入できます

また、事前に通販で治療薬を購入しておけば、ヘルペスの初期症状が現れてきた時にすぐ服用できて再発予防に効果的です。

 

病院よりもお得に、そして再発防止に有効な通販のバルクロビル。

ぜひストックしておきたいものですね。

バルクロビルの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました